2012 Summer 古民家ツアー/第1回古民家 x ビブリオバトル@内野宿

今、日本各地で静かなブームが広がりつつあります。
北九州に位置する長崎街道は筑前六宿のひとつ、内野宿でもその火蓋が切られました。

ビブリオバトルとは、京都大学から始まった本のバトル。
参加者が制限時間内に好きな本をどれだけ熱く語れるかを武器に、
観戦者からもっとも読みたい本に選ばれれば勝者・チャンプとなる書評合戦です。

開催時は、「ビブリオ」なんて見たことも聞いたこともない参加者ばかり。
「ブビリオ」やら「リブリオ」やら怪言語が飛び交います。

こんな状態で大丈夫でしょうか。みんな本を紹介してくれるのでしょうか。
何より、古民家での開催はあまり例がないように思います。
本を身近に扱う図書館や書店、学校、会議室などで行われるのが普通です。

しかし、何事も常識を打ち破り「ノリと勢い」で突き進むのがこのプロジェクト。
「面白そう!」という単純な気持ちでチャレンジ。

会場は集落の中心地に立つ長崎屋さんの奥座敷。
普段は予約制で地元食材を使った郷土料理が評判のお食事処。

畳敷きの純和室にテーブルと座布団を並べ、持参したタブレット端末のタイマーアプリを起動。
タブレットは観戦者向けに設置し、キッチンタイマーも発表者用に準備しました。

さあ、それではいざ、開戦です!

蓋を開けてみたら皆さんいきなりハイレベル!
現地より興味を持って駆けつけて下さった方の多さに驚きました。
それだけに読書家の方が多く、プレゼンもメリハリがきいて聞きごたえがあり、全員が参加しているという意識の高さに盛り上がりました。

お子様が参戦すると一気になごやかな雰囲気に。ナイスリリーフです。

古民家という「家」で寛ぐ感覚(裸足、畳、座布団など)がアットホームな雰囲気を生み出し、参加者同士の距離を縮め、まるで親戚の集まりのような暖かい空間となりました。

今回の開催は、地元の有志によるFacebookイベントで数日前の告知のみ。
実験的な取組みの様子見もかねて小規模の内輪イベントに近いものでしたが、
きちんとイベントの趣旨が伝わっており、地域の方々の関心の高さが伺えました。

元来「本が好き」な人は各地に大勢います。
これからのビブリオバトルの盛り上がりに大きな手応えを感じられました。

その後は、内野のおばあちゃん達に準備して頂いた郷土の振舞料理で懇親会。
「おいかわ」という川魚の煮物、うまかー!しみるー!おばあちゃん、ありがとう!
感動しすぎて写真がなくてごめんなさい。

内野の皆さん、遠方から駆けつけて下さった皆さん、ツアー参加メンバーの皆さん、
本当にありがとうございました!!

※次へつなげるための課題点

・参加者の集め方、場所の確保
・時間配分、順番、投票方法の取り決め
・ビデオ撮影はころりと失念していました笑。次回はぜひ
・懇親会も自分たちで給仕したのでバトル終了後からの準備に時間がかかりました。
・古民家のある地域ならでは、無線LAN接続状況、飲料食材調達手段の確認は必須、
 特に懇親会の準備も含めた役割分担

※参加人数:13名(ツアー参加者7名、現地参加者6名)+お子様3名
※会費:¥1,000

チャンプ本『話虫干』小路幸也/筑摩書房

ブロガー:市川紀子

広告
カテゴリー: Report, Tour | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

兵庫県篠山へ行って来ました^^

じゃーん☆
黒豆で有名な兵庫県丹波篠山に行って来ました!!
ときめきものYUKAです^^
こちらではもう古民家再生がたくさんされていて、快適に泊まれるIHがついたキッチンなどがついた「天空農園」や、古民家を利用したおしゃれな雑貨屋さんや、オーガニック食材を売っているおしゃれカフェ「ベジワンフーズ」や、窯焼きピザ屋さんや、プリン屋さんなど、おしゃれな感じでキュンキュンとってもときめきました♡
この写真の黒豆パンが美味しいのなんのって♡

食べることが大好きな私ですが、野菜も美味しいし竈で炊いたご飯おいしいし、
もう大満足でした^^


こんな風にかやぶき屋根のおうちにみんなでお泊りして、
夜は囲炉裏を囲んで、
花火して、
朝はすいか割りして、薪割りして、散歩して、
やっぱり人間て自然の一部なんだなと実感しました。
そして何より古民家っていいね!
と、心より思いました!!
まずは触れ合ってみるのがオススメです^^
このツアーでもっともっと写真を撮ったのでまた登場させて頂きます☆

それではまた^^
ごきげんよう

カテゴリー: Report, Tour | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

江戸時代の宿場の面影を今に残す長崎街道・内野宿(ウチノシュク)と北九州八幡東区丸山町へ行ってきました。


はじめまして、「古民家×着物」担当、ときめきものYUKAです!
今回はじめて福岡県に足を踏み入れ、内野宿の土地と人たちにお世話になり、
「古民家×着物」にすごく可能性が見えました^^
最近は着物着る人も減ってきているのでもしかしたら着物という文化が将来なくなってしまうんじゃないかなととてもさみしく思い、この活動を始めました!
着物は日本の誇るべき素晴らしい文化です!
着物って男女ともに魅力は3倍増しになれるアイテム!
日本の文化を世界に!
世界を着物で笑顔にする!
これからこちらのブログにもちょいちょい登場させて頂きます☆
よろしくお願いします^^

●お世話になった古民家を大掃除!


●北九州八幡東区丸山町

ガイドボランティアさんからのお話では、
この通りは「矢止-やどめ」と言って 各家は一直線ではなく凸凹の段々に並んでいます。
200年前のその昔、天保時代。敵の矢を止め避けるために作られたそうです。

●一番上の写真の筑豊本線/筑前内野駅

カテゴリー: Report, Tour | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

ソーシャル古民家カフェ

鎌倉市 北鎌倉にある贔屓のカフェを紹介。 その名も「Minka」

昔ながらの古民家の外装はほとんどそのままに、 モダンなカフェに生まれ変わった。
店内を見渡すと奥のカウンター4席とゆったり配置された2- 3組のテーブル席、 センスの良い小物が並ぶセレクトショップとして4畳半ほどのスペ ースがある。

 鎌倉散策の後はぶらりと立ち寄って「小さな濃厚チーズケーキ」 を肴に水出しアイスコーヒーを一 杯。 (でもこの「小さな」ケーキは本当にちっさい笑。勿体無いからちびちびやる) そしてなんといっても存在感を放つ壁面の本棚たち。 お気に入りはこれ。

読むとはなしにその本たちを眺める。 どれも昭和を感じさせる趣きの背表紙。 持ち主の思想をあらわしているのかいないのか、 ちょっと難しげな哲学書から懐かしいコミック まで。

こちらのオーナーは可愛らしい女性なのだが、 この並びは女性っぽくはない。
彼女のお父さん、あるいはおじいさんか、-少し不器用で素っ気無い、 でも家族への愛情やユーモアにあふれている-の書 棚をそのまま残したかのような味のある空間を生み出していて気になる。
「どうだ、読んでみるか。これなんかおもしろいぞ」 本棚から聞こえるつぶやき。。
そんな風にして時を過ごす。

古民家とは不思議な空間だ。
どんなに内装や設備を新しくお洒落に改造しても、 そこにある空気は新築の建物にはない「懐かし さ」のような 懐深い空間がある。 居心地良くゆったりした気分になる。

ところでこのカフェは、なんと、ホームページがない。
それなのに常連さんや一見さんの訪問が絶えない。なぜか。

一度訪れると、このお店は仲の良い友人にすすめたくなる。
と同時に自分だけの隠れ家として誰にも教えたくない(笑
そこでブログにしたためる。誰か趣味が合う人に読んで欲しいし、自分の日記に綴じておきたい。
ブロガーがなにやら書いているカフェ、 行ってみるのも悪くない、 そんなつながりでやってくるから何となくどこか通じるものがあっ て馴染みの店になっていく。 馴染みの仲間がつながっていく・・。
だから私も書こう。ある日ある時出逢う誰かのために・・

ブロガー:市川紀子

カテゴリー: Report | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

古民家を美容室にしました★下北沢(東京)

古民家を美容室にしました★下北沢駅から5分のvi-dro(ビードロ)

古民家をリフォームして、オリジナリティあふれる
自分のお店にするって素敵ですよね。
手作り感や素朴な味わいが、お客さまに親近感を持ってもらえる。
もちろん費用もおさえられる。一石二鳥以上です。

そこで探しに探し、やっと見つけました。
★古民家を活用した、地域密着型の
古民家イノベーション店舗モデル★

今回は東京でもアートな街、下北沢の古民家をリフォームした美容室
● vi-dro(ビードロ) ● オーナー近藤さんのご了承を得て記事にできました。

vi-dro(ビードロ)の外観はこんな古民家です。

古民家美容室
周りは小奇麗な街並み。その中に、
あじさいが咲いている古民家がvi-dro(ビードロ)です。

どこか懐かしさがよみがえるエントランスでしょう?
出来るだけセルフリフォーム。入り口の看板も、手作りです。

古民家美容室
スタッフが男性中心なので、セルフリフォームは楽しみながらできました。
かつての入り口はこんなだったんですよ。これが↓BEFORE

古民家美容室
わっ、かなり古民家そのものって感じですよね。それが。。

外観部分では、アプローチ、ドアの付け替え、
外壁土台を古民家の味を残してセルフイノベーションが完成!

これが ↓ AFTER★ わっ、おしゃれに変身できました!!
大変な変わりようです。

古民家美容室
窓の下部分の新しい外壁を、ホワイトに統一したあたり、さすが
ヘアーアーティストにふさわしい、美的感覚のなせる技です。

通りすがりに、外からのぞいて、「ここって何のお店?」って感じですよね。
外から見えるこの窓辺のロゴって、実は手作りなんです。

古民家美容室

看板やロゴまで自作ですから、手作り感いっぱい。親近感を覚えます。
「もしかしたら、暖かい美容師さん達が、いるんじゃないかしら?」みたいな。。

古民家美容室
さて、気になる美容室内部のインテリアは、もっと手を加えてあります。 ↓↓
古い木材の味わいを残し、白木を使ったコントラスト。

特にこの椅子「もしかして、ルノワール?」みたいな、
長居しても嫌な顔されそうにない、くつろげるあの椅子って感じです。

古民家美容室
ヘアーアーティストの技術者は、男性のお二人が中心。 ↓ ↓

男性の手って大きいですから、 シャンプーもきっちりやってもらえそう。
美容室って長時間いるとこですから、その時間、
窓辺の緑を垣間見れて、心もリフレッシュできますよ。

古民家美容室
こんな木に囲まれたインテリア。すだれがいいですね~。
古民家がマンションと違うのは、スペースの広さです。これは魅力!
窮屈感もなく、広々していて 癒され感いっぱいの心地よさ。↓

古民家美容室
あまりに気持がよくて、カラーの合間にうとうとしちゃいました。
どうですか? かわいいい? これからデートに出かけるにはぴったり。

古民家美容室
美容室● vi-dro(ビードロ) ●は、この古民家美容室スペースを、
地域のアクティビィティ活動にも提供しています。
お店の2Fの一室をギャラリースペースとして貸し出しています。

下北沢でお店をやるにあたっていろいろなクリエイターに場所を提供できたらなと思
いそういう場所を作りました。

実は古民家美容室● vi-dro(ビードロ) ●は、古民家が出発点ではなく、
何か普通の美容室と違う 下北沢らしい事をやりたいという思いが出発点との事。

手始めは、【火曜日のビードロ ~ 下北沢 古民家美容室劇場 ~】
古民家美容室

古民家美容室

この劇団は美容室のスペースを使って行っていますが、
2Fの一室はギャラリースペースなので借りたい方は声をかけて下さい。

下北沢でお店をやるにあたっていろいろなクリエイターに場所を提供できたらなと思
いそういう場所を作りました。

さて今回の ★古民家を活用した、地域密着型の古民家美容室モデル
参考になりましたか?

「私は古民家をカフェにしたい」
「退職後、古民家をバーにしたいんです」
「いや私はブテックのプランのあるんです」
どんどん夢がふくらみますね。

● vi-dro(ビードロ) ●で、カットしてもらいながら
「どうやったら古民家をお店にできますか?」と
聞きに通うという手があります。きっといろいろ教えてもらえるはず。

お問い合わせはこちら → http://www.vi-dro.jp/
ビューティナビご予約● vi-dro(ビードロ) ●
http://beautynavi.woman.excite.co.jp/salon/24899

Facebookページにも「いいね!」お願いします。
美容室 vi-dro[ビードロ]下北沢の古民家美容室とギャラリー
https://www.facebook.com/vidro.shimokita

近藤さんご協力ありがとうございました。
ライター:齋藤天津子

カテゴリー: Report | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

たからの庭のたからもの

お会いしてみたい人がいて、海の日の連休最終日、北鎌倉にあるという古民家を訪ねた。
浄智寺の脇を抜け、源氏山ハイキングコースへ至る手前にある手作りの看板が目印。
30度を超える猛暑の中、「氷」の掛札に心躍る。

覆い被さる木の葉に陽は遮られ、薄暗い細道。鶯の鳴き声が幾度となく涼しげに響き渡る。
ようやく道が開けて目に写るなんともどこか懐かしい景色…

古民家シェアハウスギャラリー たからの庭

近づくと明るい笑い声が聞こえてくる
毎日開催されている陶芸教室の生徒さん達。10人はいるだろうか。
仕上げ間近な様子で、森でみつけたらしき木の葉の紋様を思い思いに押し型にして
個性豊かに手の指の跡が残る不ぞろいな器たちが並んでいる。
今日の思い出に日付を刻んだり、仲間との写真撮影に楽しげに夢中。

民家へ進むと、「こんにちは」と声をかけてくれたその人、かわいじゅんこさん。
「かき氷を食べに来ました。まだありますか?」
「ええ、ええ、どうぞ!」ニコニコしながらカップに氷を準備する。

樹齢100年以上もある梅の木から取れた梅の実をつけたシロップに
小さなかわいらしい星型の金平糖をトッピング。
テーブルには大きなタライで氷に冷やされた日本酒。。わいるど~(笑

かわいさんは日本で唯一のプラネタリウムプランナー「元祖・宙ガール」!
多くの人々に星空を見上げる楽しさを広げたいとユニークなイベントを数多く開催。
天体望遠鏡を手作りして土星を観察するワークショップや
時期ごとの星座観測にちなんだワインと食事会などなど魅力的な内容ばかり。
かき氷は日中のほんの片手間なお仕事と語る(笑

何よりその暖かな眼差しと穏やかな笑顔が印象に残り、いつまでも話していたくなってしまう。
かわいさんに誘われて天体ワールドに浸れば、きっと印象深い一夜が過ごせるだろう。

ギャラリーでは地元の手作りの民芸品の数々。
北鎌倉ハンドメイドユニット「たまうさ.com」のメインキャラ”なみちゃん”

源氏山の麓、敷地内の裏山にすこし入れば咲き乱れる紫陽花の群れ。
初夏の陽射しに輝くつやつやの深緑の葉がまぶしい。

年代を超えて受け継がれる古民家という建物のもつ不思議な引力は
人を惹きつけ、自然とともに生きる糧と厳しさをも与えてくれる。
夜空の星が悠久の時を刻み、地上の星もまたきらきらと命を紡ぎながら時を刻む。

たからの庭

一度訪れれば誰でもいつでも帰ることができる、
たくさんの笑顔と自然のぬくもり溢れるたからの庭
あなたは何をみつけるだろう?

ブロガー:市川 紀子

カテゴリー: Report | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

歴史街道に今が活きる


今回は、九州の五街道の一つ「長崎街道」の「木屋瀬宿」のレポートです。
木屋瀬宿(こやのせじゅく)は、長崎街道の起点である小倉の「常盤橋」を起点とし、
2番目の宿場町です。
現在の福岡県北九州市八幡西区木屋瀬にあたります。
街道と遠賀川の水運で栄え、旧街道沿いには当時の町並みが残っています。

ここは、町自体が一丸となって保存・再生に取り組んでいるので
比較的整備されています。

今日紹介するのは、「PEER SPACE Notice」(ぴあすぺーす のーてぃす)
という食事処です。

食事だけでなく、贈答品などの細工物を販売しているお店です。

食事は完全予約制で、前もって連絡しないといけません。
自然素材にこだわった「オーガニックランチ」
元々、家主さんが実際に家族に出されていた食事を元に構成しているそうです。

素朴で食材の本当の味を重視して昔ながらの食事です。
ぜひ、ジャンクフードばかりの方に味わってもらいたいランチです(笑)

ここの建物は築104年で、建築するのに7年の歳月を掛けた建物です。

のーてぃすさんは、表の間を間借りして店舗を営んでいました。
7年ほど前に、オーナーさんとの出会いがきっかけで始められたそうです。

それまでは使われていなかった通りに面した店舗部分を誰かに活用して頂けるなら
ということで始まったそうです。
ここに、商売という気持ちはなかったのだなという言葉を聞きました。

借りるにあったて条件は、
◯夏は戸を外し外気を最大限家の中に引きこむこと。
◯冬は戸を閉め、火(暖炉・ストーブ)を焚き、必ずやかんをかけ、調湿すること。

上記2つを聞いて、嬉しくなりました。
そこには現代人の忘れた知恵の本質が詰まった言葉でした。
何よりもそのオーナーさんの気持ちの分かる言葉だと思います。

日本の歴史的財産を守る為に、代々受け継いできた知恵やいわれを大切にしてきていたのです。
それが、自分たちの子孫だけに限らず、関わる人たち全てに伝承されている現実…
私は嬉しかったです。こういった我が家というのは一子相伝で繋がっていくものでした。
しかし、時代は変わり「誰か代わりにでも守って頂ける方がいるなら」という気持ちの変化に
感動を覚えました。

昔ながらなら、そういった部分では閉鎖的で頑なに譲らなかったのです。
「人に譲ってしまうなら…人の手に渡るなら我が手で幕を下ろす!」
こういったいい意味での矜持があったのです。

昭和で崩壊した「家長主義」…
その後変わって主導となった「個人主義」…
その昭和を否定することはありません。
それは、時代が求めた形だったからです。

しかし、時代は流れ今を見つめなおそうという試みを多く目の当たりにする最近では
今は今で時代が求めた結果なのだと思います。
古民家ブームってそういう事なんだと思います。
今にない安らぎを求めて「古民家」が心の拠り所になっているのでしょう。
だからといってそれに依存してしまうのも危険な部分があります。
だからこそ、繰り返す事なく新たな文化を模索しないといけません。

時代を繰り返すことなく、歴史に学び、今を創造する
義務と責任を負っているのが、私たち「現代人」なのですから。

加えて、子・孫の次世代に「モノ」ではなくどういった「コト」を残していけるのかを
考える必要があるのは言うまでもないことでしょう。

ブロガー:赤峰 稔朗

カテゴリー: Report | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ