好評シリーズ!第3回古民家xビブリオバトル in 松楠居

継続は力なり。
ほんの思いつきから始まったこの企画も3回を数えることができました。
立ち止まって悩むにはまだ早い。今はとにかく前に進め。
そんな思いで一同頑張っています。

そしてついに、「古民家xビブリオバトル」博多で開催!!

第1回飯塚市内野宿、第2回嘉麻市常盤館と,各地で独特の盛り上がりを見せる古民家でのビブリオバトル、第3回は福岡の中心地、博多は天神大名で開催されました。

いま日本で旬な都市といえば福岡市。九州の、日本の文化の最先端となりうる洗練された街並みの中にも、路地裏を歩けば、其処ここに大正・昭和時代の建築物がなにくわぬ様子で存在し、新旧不思議と調和の取れた佇まいを見ることができます。

今回の会場となる「松楠居」はその象徴的な存在です。
昭和11年、大名の老舗醤油メーカー、ジョーキュウ(当時は松村久商店)3代目社長松村久吉氏が建てた住居です。福岡西方沖地震で被害を受けましたが、歴史的文化財でもある昭和初期の木造民家保存の声もあり、地震の補修以外の改築を最小限度にとどめ、家屋としてリノベーションを果たしました。

現在1Fは「やぶ金」という手打ちお蕎麦屋さん、

2Fはイベントスペースとして利用でき、様々な催しやワークショップが開かれています。
アクセスの便も良く、立地には申し分ない古民家でのビブリオバトル、
どんな人が集まるのか、ドッキドキの松楠居バトル、スタートです!

10月最終週のこの日はお日柄も良く、各地で大きなイベントが開催されていて人が分散してしまうという不安な事態。
それでも、松楠居に足を運んで下さった貴重な方々は、
起業を目指す志の高い学生さんから、大手書店の社長さんまで、少人数ながらも純度の高い精鋭部隊といった印象で、本と人との中身の濃い対話が交わされました。
特徴的だったのが、今回プレゼンされた本の多くが、命や生きることを力づけるメッセージ性の強いものだったこと。
物質の充足やインフラ整備の行き届いた都心だからこそ、「生きる」という命の本質に心が向かうのでしょうか。。

いや〜、またまた素晴らしい出逢いが広がっていましたね。感無量!

第3回古民家xビブリオバトル in 松楠居
参加者:11名
発表者:5名 (+特別編、エキシビジョンあり)
ドリンク付き:¥500
懇親会出席者:12名 (+おまけの番外編バトルあり)

チャンプ:『きみのいたばしょ』石橋阿礼さん
プレゼン本:
この世で一番の奇跡
わすれられないおくりもの
シュークリームは覗いている
この君なくば
特別編:『地の底のヤマ』、エキシビジョン:『拍手のルール
番外編:『古代マヤ暦の暗号

ビブリオバトル終了後のお楽しみ、懇親会は
これまた古民家とは言えないまでも、昭和時代のぼろアパートを居酒屋に改築したものすごい異空間(笑)
天井には当時の百貨店やスーパーの包装紙がびっしり貼られ、床の間には今にも底が抜けそうに軋む板張り床。。
そこに集うは地元を愛してやまない九州魂宿すあたたかい人たち・・

時代の最先端と懐かしき良き時代が交錯する都市、福岡。

面白いです!!
今回も多くの方のご縁を賜り、お力添えのおかげで素晴らしい回となりました。
本当に感謝感激雨あられです!!いつも応援してくださる方々もありがとうございます!!

次回は、第1回の会場となったすべての出発点、長崎街道内野宿へ凱旋バトルです。
どうぞお楽しみにー!!

文:市川紀子

カテゴリー: Report タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中