ソーシャル古民家カフェ

鎌倉市 北鎌倉にある贔屓のカフェを紹介。 その名も「Minka」

昔ながらの古民家の外装はほとんどそのままに、 モダンなカフェに生まれ変わった。
店内を見渡すと奥のカウンター4席とゆったり配置された2- 3組のテーブル席、 センスの良い小物が並ぶセレクトショップとして4畳半ほどのスペ ースがある。

 鎌倉散策の後はぶらりと立ち寄って「小さな濃厚チーズケーキ」 を肴に水出しアイスコーヒーを一 杯。 (でもこの「小さな」ケーキは本当にちっさい笑。勿体無いからちびちびやる) そしてなんといっても存在感を放つ壁面の本棚たち。 お気に入りはこれ。

読むとはなしにその本たちを眺める。 どれも昭和を感じさせる趣きの背表紙。 持ち主の思想をあらわしているのかいないのか、 ちょっと難しげな哲学書から懐かしいコミック まで。

こちらのオーナーは可愛らしい女性なのだが、 この並びは女性っぽくはない。
彼女のお父さん、あるいはおじいさんか、-少し不器用で素っ気無い、 でも家族への愛情やユーモアにあふれている-の書 棚をそのまま残したかのような味のある空間を生み出していて気になる。
「どうだ、読んでみるか。これなんかおもしろいぞ」 本棚から聞こえるつぶやき。。
そんな風にして時を過ごす。

古民家とは不思議な空間だ。
どんなに内装や設備を新しくお洒落に改造しても、 そこにある空気は新築の建物にはない「懐かし さ」のような 懐深い空間がある。 居心地良くゆったりした気分になる。

ところでこのカフェは、なんと、ホームページがない。
それなのに常連さんや一見さんの訪問が絶えない。なぜか。

一度訪れると、このお店は仲の良い友人にすすめたくなる。
と同時に自分だけの隠れ家として誰にも教えたくない(笑
そこでブログにしたためる。誰か趣味が合う人に読んで欲しいし、自分の日記に綴じておきたい。
ブロガーがなにやら書いているカフェ、 行ってみるのも悪くない、 そんなつながりでやってくるから何となくどこか通じるものがあっ て馴染みの店になっていく。 馴染みの仲間がつながっていく・・。
だから私も書こう。ある日ある時出逢う誰かのために・・

ブロガー:市川紀子

カテゴリー: Report タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中